スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天王山歴史街道巡り

昨日はひょこむ仲間の喜多見さんのお誘いで、姫路の「黒田官兵衛ゆかりの地を巡る」とのお題目で天王山歴史街道ハイキングに出かけた。
IMG_0707.jpg
最初は宝勝寺を通り、青木谷葉広場で暫し休憩
IMG_0708.jpg
少し登ると豊臣と明智の合戦の地域全体が眺められる展望台があり、歴史のガイド板がある。
IMG_0709.jpg
IMG_0710.jpg
いよいよ頂上を目指して約20分程度。280mの低い山だから登るのも苦にならない。
天王山 - コピー
下山途中にアサヒビール山荘美術館に立寄り、暫し美術鑑賞。
IMG_0715.jpg
IMG_0716.jpg
この美術館の売りはモネの作品が3点、その他は陶芸美術品が大多数の展示品だ。
確かに建物がアンティークで安藤建築も取り入れ、マニュアックであるが、入場料が900円と少し高い。
IMG_0719.jpg
スポンサーサイト

スマートシチィ

家人が小職のパソコンの壁紙スマートシチィを見て、訳分からず「未来の都市だ」と言った。
確かに未来もそうだけど、もうすでに運用している都市がある。
スマートシチィとは電力の有効利用に加え、熱や未利用エネルギーも含めたエネルギーの「面的利用」や、地域の交通システム、市民のライフスタイルの変革などを複合的に組み合わせた、エリア単位での次世代エネルギー・社会システムのことだ.
img_1511538_62677087_0.jpg
大きな都市・地域計画を行ううえでのプロジェクトになることは言うまでもない。
小職から見れば、本当に夢のような構想であるが、本当に実現するのか分からない。
反対に実現して欲しいと思う。そうなれば、日本のエネルギー問題解決の一翼を担うだろう。今月、恩師である都市計画の三星先生のお宅を訪問するので、尋ねてみよう。

大規模プロジェクトの小さなお手伝い

今京都で開発地の造成設計をしている。
元ビール工場の跡地である。
小生が携わっているのは場内排水設計と外構施設設計である。
建築関連は大手建設会社○中工務店が請け負っている。その、土木関連のお手伝いである。
既に隣の敷地にはオ○ロ○の綺麗で立派な建物ができている。
20111005192435IP111005TAN000098000_006.jpg
聞くところによると、鹿○建○が造ったそうだ。JRの電車からよく見えて、周囲竹林に囲まれて京都の雰囲気がある。
これから建設される建物は京○銀○と、イ○ン○ー○が大規模な建造物になりそうで、楽しみである。
やはり、民間主導のプロジェクトは大規模で何か夢がある。そんな事業のささやかなお手伝いでも誇りに思っている。

生涯現役は貫けるか?

今、NHKのニュース9で60歳以上の雇用について話題にしている。
日本最大手のNTTが取り上げられている。家人の会社だが、小職からみるとまだまだ甘い。
シニア世代の再雇用の取り扱いだが、これからの日本の雇用のあり方を問われていると思う。
我々の世代は経験もあれば、スキルもまだまだ捨てたものではないと思う。
しかし、それを利用してもらうには自分自身の体調も大切だと思う。
よれよれで、眼もあまりよく見えないでは、一緒に仕事をやることには難しい。
そう言う小職は、生涯現役を貫くことを宣言しているが、本当に元気な自分があっての話だ。
もちろん、技術スキルアップも必要となってくる自己研鑽が大切だ。

仕事の帰りにコウリャン村へ

今日は昼から大阪市内での打ち合わせ。
○中工務店での、開発地での排水計画設計の仕事。
相手は建築屋さんだけに、土木としてのニアンスの違いから話がなかなか噛み合わない。
挙句の果て、基礎から水理原理を優しく伝授しなくてはならない。
相手は一級建築屋だけにプライドが高く、あまり優しく解説すると、馬鹿にさてれいる顔をしている。
相手の知っている知識を引っ張りつつ説明、納得して頂くのも至難の業である。
終了後は家人から注文のあった、鶴橋キムチを買うことを思い出して、鶴橋に立寄った。
鶴橋
鶴橋のコウリャン村でのキムチは本場韓国の味そのもので、ここのキムチを食べたら、日本製は食べられたものではない。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。