FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大国の思い出

昨日は26号線電線共同溝の設計で、大阪国道工事事務所、いわゆる大国へ打ち合せに行ってきた。
なんと、来たのは約10年ぶりぐらいだったろうか?懐かしく思った。
この事務所へは御堂筋シールドの設計において、ほんと足蹴に通ったものだった。
当時、毎日のように通い、受付のおじさんには顔なじみになり顔パスでも通用すぐらいだった。
今日も、部屋に入ると、大国独特の臭いがあり、その当時から嫌な臭いだなと思ったものだ。
当時の設計の大国担当者は非常に厳しく、辛口の言葉を何度も浴びせられたものた。
今は、地下鉄の駅が近くにでき便利になったが、当時便が悪くトボトボと泣いて帰ったものだ。
そんな辛い経験が小職の技術者人生を成長させた糧にもなったことが、今の自分があることを認識した。
「ありがとう大国さん」と言いたい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。